家族相談・訪問支援

 MCRの不登校・ひきこもり相談は、ご家族への「家族相談」と、ご本人への「訪問支援」によって問題解決を進めていきます。 なぜ、不登校・ひきこもり状態に対して「家族相談」と「訪問支援」が求められるのでしょうか?

家族相談

 不登校・ひきこもり状態を改善していく際、家族相談は不可欠です。問題を「親が原因でひきこもりになった」と考えるのではなく、「ひきこもりが続いたことで親子関係・家族関係が悪化している」という視点を持つことが問題解決においては重要です。そこで、お子さんとの日々の関わり方、他の家族との関係、相談機関の促し方など様々な場面で家族相談が必要になります。

 また、長期化した不登校・ひきこもり事例では、訪問支援でさえ届けることが難しいことも珍しくありません。そのような段階では、訪問を導入する準備段階として、家庭内暴力等への対応も含めてまずは家族支援を丁寧に行っていくことが必要になります。そのため、家族療法の専門家による家族相談を行うことが求められます。

 MCRでは、トレーニングを受けたスタッフが親御さんへの相談※1を担当します。家族相談では、不登校・ひきこもりの本人が面接に来談しなくても、家族内の資源を活用しながら援助をすすめる理論(家族療法、ブリーフセラピーなど)に基づいて行われます。

 また、カウンセラーの多くが臨床心理士資格を有しており、普段は医療・教育・福祉の現場でカウンセラーとして勤務しております。そのようなカウンセラーが無償ボランティアスタッフとして、MCRでは不登校・ひきこもりを抱えるご家族の相談にあたっています。

 ※1 家族相談は毎月1回、日曜日の実施です。


訪問支援

 MCRでは不登校・ひきこもり支援の訓練を受けたこころの家庭教師(Solution Teacher:ST)が訪問支援(アウトリーチ)を行います。心理学を学ぶ大学生・大学院生やカウンセラーなどが主に訪問支援にあたっています。 訪問支援は、自宅という安心できる場所で、第三者と1対1の関わりをもち、社会との接点づくりを行います。 また、ご本人やご家族からの要望に応じて、学習支援や社会参加に向けた活動を取り入れます。

   

 不登校やひきこもり状態が長く続いた方は、カウンセラーや家庭教師等の訪問に対しても初めは抵抗を示すことが一般的です。そこで、訪問当初は遊びや趣味の話題を交わすなど、無理のない範囲で徐々に関係を築いていきます。そのように第三者と1対1の安心できる関係を築いていくことを通して、学校や社会との関わりの窓口を少しずつ広げていきます。 子どもさんにとってこうしたこころの家庭教師は家族とも異なるポジティヴな存在になることが、私たちの調査研究からもわかっています。 


チームでの支援

 これまでの「メンタルフレンド活動」などの一般的な訪問支援は、スタッフへのサポート体制が不十分なため、支援者自身が活動で難しさを感じた時に、どのように対処したら良いかがわからなくなってしまうという課題が指摘がされています。こうした不十分なサポート体制によって、結果的に効果的な支援を届けることが難しくなってしまっているという現状があります。

 

 MCRではすべての相談ケースについて毎月ケース会議を行っています。スタッフ全員で、より効果的な支援のあり方を検討しています。また、訪問スタッフだけではなく、ご家族の相談にあたっているスタッフについても互いにアドバイスを求めあえる体制をとっています。このように、一つ一つのケースへ丁寧な支援を届けるために、スタッフのサポートシステムを大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわち、一つ一つの相談ケースに対してMCR全体が一つのチームとなって支援しています。

 

 


料金

申込み・問合せ

 

 MCRは、東京支部、横浜支部、千葉支部、埼玉支部、仙台支部、北海道札幌支部で活動しています。