講演会・研修会

MCRが開催する講演会・研修会です。

家族、当事者対象の講演会や、支援者対象の研修会などを開催しています。

〇 過去のMCR主催講演会・研修会

MCR主催『スキーマセラピーワークショップ』

スキーマセラピーワークショップ(第1回)は定員を満たしたため、申込受付を終了しました。第2回は若干空きがありますので、引き続きお申込みを受け付けております。

チラシはこちらからダウンロードできます(PDFファイル 無料)。ご自由にご配布ください。

 

【日程およびプログラム】
2020年3月15日(日)10:00-16:00 ※9:30受付開始
第1回 「スキーマ療法の基礎と実践」
2020年4月5日(日)10:00-16:30 ※9:30受付開始
第2回 「成人ASD者に対するスキーマ療法の実践」
【講師】
大島 郁葉(千葉大学子どもの心の発達教育センター 講師)
医学博士・臨床心理士・advanced scheme therapist資格・公認心理師
高機能の自閉スペクトラム症を専門とし、高機能自閉スペクトラム症やパーソナリティ障害の方へのスキーマ療法をはじめ、家族に対する心理教育に取り組む。日本初のアドバイスレベル国際認定スキーマ療法士。
【会場】
亀戸文化センター
URL:  https://www.kcf.or.jp/sp/kameido/
【定員】
20名程度
※臨床心理士ポイント申請予定
【参加費】
各回: 2万円
両日参加料金: 3万8千円
両日早割料金: 3万5千円(早割料金2020年2月29日まで)
【申込方法】
①お名前、②電話番号、③E-Mail アドレス、④参加日をご記入の上、mentalcr@yahoo.co.jp または 080-9035-2009までお申込みください。

※お申込みの際にはメールの件名に「スキーマWS参加」とご記入ください。
【企画趣旨】
スキーマ療法とは、意識する認知的な問題の根本にあるスキーマに焦点を当てた心理療法です。
普段意識することのない深層にあるスキーマを理解し、ネガティブな自動思考を引き起こし続ける「信念・思い込み・価値観」を解消します。
スキーマ療法は、認知行動療法の治療構造を基盤としながら、愛着理論、ゲシュタルト療法等、様々な心理療法から統合的に理論と技法を取り入れています。イメージ法、チェアワークなどの体験的技法を取り入れている点も特徴のひとつです。

難治性疾患(パーソナリティ障害)に対して有効な治療法で、医療教育産業領域等、様々な現場で活用が期待されます。

この度、第1回「スキーマ療法の基礎と実践」、第2回「成人ASD者に対するスキーマ療法の実践」を開催します。

チラシはこちらからダウンロードできます(PDFファイル 無料)。ご自由にご配布ください。